リフォームは増改築相談員の在籍している横尾建設へ

住宅も10年を過ぎる頃には、様々なメンテナンスや設備の更新を検討する時期です。

当社に在籍する増改築相談員リフォームの具体的な計画・見積もりを行います。

不満な箇所のピックアップ、リフォームの優先順位、スケジュール、予算の振り方など、素人ではどうするのがベストなのか判断がつきにくい部分も相談に乗ります。

バリアフリー、耐震などの幅広い専門知識

バリアフリー住宅というと「段差がなく、手すりなど歩行を補助する機能のついた住宅」をイメージする人が多いかもしれません。それ以外にも生活動線や暖房対策、水回りの位置とスペース感、出入りのしやすさなど、高齢者が快適に生活するために改善すべき点は多岐に渡ります。

増改築相談員は素人では気が付きにくい問題点を発見し、バリアフリー住宅へのリフォームを成功させるサポート。また、耐震性を高めるリフォーム、省エネリフォームについても相談が可能です。一級建築士と共に最適なご提案が可能です。

リフォームの成功率をあげる

「リフォームは、リフォーム会社に依頼さえすれば成功するもの」と思ってはいませんか?イメージどおりのリフォームを行うためには、業者に理想のイメージや完成形を明確に伝える必要があります。たとえば「古くなったトイレをキレイにしたい」といった漠然とした意見だと、業者が提案するプランや見積もりに納得のいかないことがあるかもしれません。増改築相談員は、コミュニケーションの中で依頼者の理想のリフォームをはっきりとした形にしていきます。業者と依頼主の描く理想図がまったく同じものになってこそ、理想のリフォームが叶うのです。業者と依頼者の間でイメージの相違が生まれないように努め、リフォームの成功率を上げご満足するリフォーム工事をご提供します。

 

リフォームの現地調査・ご提案・御見積は無料ですのでお気軽に 横尾建設株式会社までお問合せください。

●お問い合せフォーム
https://www.yokoo-ke.co.jp/contact/
●LINEでお問い合せ
https://page.line.me/508rfxrx?openQrModal=true

 

増改築相談員とは

住宅の新築工事又はリフォーム工事に関する実務経験を10年以上有し、当財団が企画した住宅リフォーム工事に関する専門知識を修得するための研修を受講し、考査に合格すると、増改築相談員として当財団に登録されます。
増改築相談員は、住宅リフォームに関する技術的な知識と消費者からの相談に必要なコミュニケーション能力をあわせもち、これから住宅のリフォームを考えて いる消費者からの相談に誠実に対応しています。また、消費者の要請に応じて、住宅リフォームの具体的計画や見積もり等を行います。
5年毎に更新研修会を受けており、新しい技術や知識を修得し、消費者から「安心できる住宅リフォームの相談先」として期待されています。

 

引用 ホームプロ 増改築相談員とは

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター 資格関連情報

木 + 鉄で建てる第3の工法 テクノストラクチャー

詳しく知りたい方は